RSS | ATOM | SEARCH
大運をみる
時代の大きな運の流れ「大運」。
2010年から始まった大運山羊座期も
いよいよ大詰めに差し掛かってきている
感があります。


女性の台頭、
人工知能のさらなる進歩…
国際情勢も大きく変化し、
仮想通貨により経済の価値観が
変わりはじめています。

これらは山羊座期を含む帰蔵易の特長を
如実にあらわしています。

そして、山羊座は裏鬼門であり
嘘や虚構を露呈させるという
要素を持っています。


最近のニュースをみていると、
そんなところもよく表れているなと
思います。

個々の支配星の運気を知ることは
もちろん大事なのですが、
宇宙の大きな流れの中での
個々であることも
意識していくことが大事です。


今までずっとこうやってきた、
自分はこういう生き方だ、と
時代運の変化を受け入れずにいると
結局それが自分の首を締めることに。

先日のアメフト部の一件は、
そんな変化を無視し、
対応してこなかったことが
根本にあるように感じました。

あのようなことは
運動部(にかぎらずですが)あるあるで、
そこら中で起きていることなのでしょう。
けれど、それが時代に
合わなくなっているということが
露呈されたのだと思います。


時代はこれからさらに
チーム、集団を大事にすることで
上手く回っていく流れです。
個人の成功だけを考えたり
独裁者が君臨する世界は衰退します。

確かに厳しさが可能性を
引き出すことはあると思います。
でも理不尽なスパルタや苦痛、
運動理論などの根拠を無視したシゴキで
心身を追い詰め、
それを指導だ、愛ゆえだなどと言っても
受け入れられる時代ではないですよね。

なんにしろ、いろいろな分野において
健全で理論に基づいた環境の中で
今より優秀なプレーヤーや人材が
どんどん出てきて結果を出し、
古いやり方を一蹴してくれることを
楽しみにしています。







藍未令
author:0gaku1shibu, category:-, 09:07
-, trackbacks(0), -
Trackback
url: http://blog.zerogaku1shibu.com/trackback/435